自動搬送式納骨堂クチコミランキング ポータルサイト
納骨東京ドットコム
ホーム 墓じまい
について
自動搬送式
納骨堂とは
Q&A
検索

墓じまいについて

墓じまい・改葬手続きの手順

新しいお墓で

1.遺骨の新たな受入先を決めます
先ずはご遺骨の新たな受入先を決めないとお墓の引っ越しは、スタートしません。 永代供養墓・樹木葬・納骨堂・寺院墓地・公園墓地などいろいろなタイプの受入先がございます。 ご家族やご先祖様への想いを含めて考えましょう。

2.新しい受入先で「受入証明書」を発行してもらいます
受入先で発行してもらう「受入証明書」は「永代使用許可証」でも代用が可能です。 今後の改葬許可申請に必要となります。



現在のお墓で

3.旧墓地の管理者に相談するとともに改葬手続きを行います
旧墓地の管理者(寺院墓地の場合はお寺の住職が多い)にご遺骨を引越しするための承諾書をいただく必要があります。 霊園の場合は返還手続きに必要な書類などが有りますので、この時に確認されると良いでしょう。

4.旧墓地の撤去工事をしてくれる石材店を探し見積もりを依頼します
墓地を返還するには、更地に戻さなければなりません。 撤去工事代は1㎡辺り10万円前後が一般的ですが、墓石の大きさ、工事の環境により大きく異なりますので、信頼できる石材店を探しましょう。

5.石材店と撤去工事契約をし、ご遺骨取り出しの日程を調整します
撤去費用が決まりましたら、工事契約とご遺骨取り出しの日程を調整します。 撤去工事はご遺骨取り出し後に石材店にて行われます。



旧墓地の管理者や石材店と打合わせしている4〜5の間に、旧墓地のある役所で「改葬許可証」を発行してもらいます。

A.役所で「改葬許可申請書」を発行してもらいます。
各市区町村によって用紙が異なります。ホームページでダウンロードできる役所もあります。記入項目として死亡者の本籍や火葬の場所等が必要です。

B.墓地の管理者から「改葬承諾書」を発行してもらい
  墓地の返還手続きをします。
役所が発行した改葬許可申請書に旧墓地管理者の承諾印を貰うだけでも申請可能です。旧墓地の名義人が申請者と異なる場合、名義人の承諾が必要となります。

C.役所から「改葬許可証」を発行してもらいます。
「受入証明書」「改葬許可申請書」「改葬承諾書」を提出し「改葬許可証」を発行してもらいます。



現在のお墓で

6.旧墓地の管理者と遺骨取り出しの日程を調整します
役所の改葬許可証が発行されたら、ご遺骨の取り出しが可能となります。 ご遺骨の取り出し時には閉眼供養を同時に行う事が多いので、日程を調整します。



新しいお墓で

7.新たな受入先へのご遺骨の預骨、開眼供養と納骨お日程を調整します
ご遺骨を取り出す日程が決まりましたら、新しい受入先にご遺骨を預骨し、開眼供養と納骨の日程を調整します。



現在のお墓で

8.旧墓地で閉眼供養とご遺骨の取り出しを行います
閉眼法要後、石材店にご遺骨を取り出してもらいます。骨壷に水が溜まっている場合が多いので、水切りをして出します。骨壷に入っていない場合は風呂敷などに包んでもらいましょう。



搬送

9.ご遺骨を運搬します
取り出したご遺骨を新たな受入先に運搬します。関東は大きな骨壷が多くかなりの重量となる事が多いようです 車での搬送が一般的です。



新しいお墓で

10.新たな受入先で開眼供養と納骨をして改葬手続きは終了となります
新たな受入先の形態にもよりますが、魂入れをして納骨してもらいます。ご遺骨に水分が多く含まれている場合は乾燥をし、量が多ければ粉骨が必要となります。